サイトの使いかた

用語

 このページでの呼び方    一般名称
 サイト  ウェブサイト
 ページ    ウェブページ
 テキストボタン  リンクになっているテキストでクリックすると機能が起動するもの
 グループクラウド amnestyshizuokagroup.jpドメインと結びつけられたウェブクラウドサービス

サイトとページの関係

サイトはページの集合。グループクラウドには複数のサイトを持つことができる。各サイト間に階層構造はないが、特定のサイトのみドメインに関連付けて("http://www.amnestyshizuokagroup/")代表サイト(サイト名=public)にすることができる。
あるサイトには一番上のページ(ページ名=home)がある。ページはサブページを持つことができる。すなわちページには階層構造がある。homeページはページ名を省略してアクセスできる。
ダイアグラムで表すと:
サイト:[代表サイト,非代表サイト1,非代表サイト2,..]
ページ:home(sub1(sub1.sub1,..),..)
通常、あるドメインのホームページといえば代表サイトのホームページを指す。
非代表サイトは通常は非公開とする。非代表サイトはドメインとの関連がないのでURLは"http://ドメイン名/サイト名"という形式にならないで"https://sites.google.com/a/amnestyshizuokagroup.jp/サイト名"という形式になる。

凡例

 記号       意味
+項目 クリックして項目を展開
 *機能 クリックして機能を実行
 [テキスト] テキストを入力
 <X> Xボタン(クリックして実行)
  (注) 注釈


編集するサイトの選択

公開ページ(http://www.amnestyshizuokagroup.jpでアクセスできるサイト)を編集するには、ログインした後、
をブラウザのアドレス入力窓に入力してください。
他のサイトを編集する場合はクラウドメニューのサイトをクリックするとサイトを選択する画面が出ます。
サイト選択画面

ここで最初に出てくるのは自分が作ったサイト群なので、他のメンバーが作ったサイトを出すには「*サイトを参照」をクリックしてください。
次に「カテゴリ」メニューの(すべてのサイト)をクリックしてください。

サイトの設定

サイトメニューの「その他」から設定メニューに入ります。

ページのレイアウト(画面配置)

以下のようになっています:
 *トップページ表題  [検索窓]
 (ナビゲーション)
+子持ちページ
*サイトマップ
 [本文]
   *サブページ
<ページのレイアウト図形>
サイトのレイアウト図形

[ナビゲーション]の各項目の左に黒塗りの三角形(▼)があるものは子の要素を持ちます、これが右向きにとがっている(▶)ときはクリックすると展開することができます。一番下の「サイトマップ」で全ての項目を木構造にたどることができます。

ページの編集を開始する

ログインしてからサイト機能を選び、サイトを選ぶと以下のメニューがクラウドメニューの下に現れます。

 ページの表題 *ページを編集(e)
 *新しいページを作成(c)  +その他のメニュー(m)  *共有
各メニュー後ろにカッコがあるものはショートカットキーです。たとえばキーボードのeを押すと編集状態になります。

ページ編集メニュー

メニューには[挿入,書式,表,レイアウト]があります。

挿入メニュー

「画像」を入れるにはページに画像ファイルを添付する方法とドキュメントやPicasawebに保存したものを貼り付ける方法があります。
しかし、ページに添付するためには設定が必要です={サイトメニュー/その他/ページ設定/添付ファイルを許可するにチェックON/保存をクリック}で設定。
するとページが編集状態のとき,ページの一番下に「ファイルを追加」のテキストボタンが出てくるので,そこをクリックして出てくる窓でアップロードします。
ドキュメントで作成またはドキュメントに保存したオブジェクト(画像,スプレッドシート,図形描画など)をページに挿入して表示されるようにするにはドキュメントのオブジェクトに公開設定する必要があります={ドキュメントメニュー/ファイル/ウェブに一般公開} で設定。

バックアップとリストア

  • サイトのバックアップとリストア:google-sites-liberation(http://code.google.com/p/google-sites-liberation/) というJavaプログラムにより可能。
  • 実行するにはコマンド窓から:
  •  java -jar google-sites-liberation-1.0.6-jar-with-dependencies.jar

  • Host: sites.gooogle.comで固定
  • Domain:amnestyshizuokagroup.jp
  • Webspace:公開サイトなら public , ユーザー独自ならその名前を
  • RevisionをONにしても同じフォルダ(Target Directory)に保存すると以前のファイルは上書きされるので、毎回実行するごとに保存フォルダは変える方がいい。
  • [Choose Target Directory]で保存先フォルダを選ぶ。
  • [Get a token from browser]でウエブブラウザに移行してトークン(「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください:」の下に表示されている文字列)をコピーして貼り付ける。
  • サイトをバックアップするには:[Export from Sites].リストアするには[Import to Sites]をクリックする
  • HTMLファイルの文字コードはUTF-8で保存されている。htmlファイル内に文字コードの指定を入れるには<head>の次に<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />を入れる。
  • GUIなしでバックアップ(サイトからエクスポート)するには:(注1.パスワードには["{*?}']などの文字を含めないこと; 注2.リストアにはcom.google.sites.liberation.imprt.Main; 注3. Revisionsオプションは -r)
  • java -cp google-sites-liberation-1.0.4.jar com.google.sites.liberation.export.Main -d amnestyshizuokagroup.jp -w public -u ユーザ名 -p パスワード -f フォルダ名

ą
Yasukazu Makino,
2012/10/05 22:46
ą
Yasukazu Makino,
2012/03/30 4:25
ą
Yasukazu Makino,
2012/03/30 3:49
ą
Yasukazu Makino,
2012/03/30 4:16
ą
Yasukazu Makino,
2015/09/21 2:38
ą
Yasukazu Makino,
2012/11/03 7:36
ą
Yasukazu Makino,
2012/10/20 19:45
Comments